2016年04月20日

富士霊園と箱根の旅 箱根ガラスの森美術館

 宿泊した「リ・カーヴ箱根」から車で5分程の「箱根ガラスの森美術館」を訪れました。
 箱根ガラスの森美術館は、ヴェネチアン・グラス専門の美術館です。

 箱根ガラスの森美術館の駐車場は、施設の直ぐ傍に在りますが有料です。1台300円
 ところが徒歩5分程の位置に無料の第2駐車場が在ります。

 入館料金は、大人1,500円ですが、リ・カーヴ箱根で入手した割引適用で入館しました。
 割引券は、ココからも入手出来ます。
 午前9時から午後5時30分(ご入館は5時迄) 年中無休
DSCF4501b.jpg
 何と、1番です・・・先着で、無料のコーヒー券を頂きました。
 入ってすぐが庭園になっています。
DSCF4502b.jpg
 キラキラ光るクリスタルガラスのアーチを潜り建物内に入ります。
DSCF4505b.jpg
 沢山のヴェネチアン・グラス美術品が展示されていました。
DSCF4509b.jpg

DSCF4511b.jpg

 施設内には、販売所も有ります。流石に良いなぁと思うものは高価!手が出ません。
 庭園に在るアチェロと言うお店で、ウォールナッツチョコレートとメープル・セサミを購入しました。(勿論、味見をして美味しかったので購入しました。)
 無料のコーヒーを頂く事に成りカフェ・レストランに入店し、コーヒーを楽しみました。大変香も良く飲み易いコーヒーだったので、メニューの値段を見ると・・・レギュラーコーヒー(ポットサービス)700円・・・しかも、これが一番安い!まじか!凄く得をした気分になりました。

 箱根ガラスの森美術館を後にし、芦ノ湖を抜け山中城跡に向かいました。芦ノ湖は、二人とも何度も遊びに来たことがありスルーです。
 山中城跡駐車場に車を止め案内板で散策コースを確認すると、1時間コースと2時間コースが有りました。どうするか相談していると雨がポツポツ・・・普段だと雨具の用意も有り強行するのですが・・・何故か、このまま家に帰ることで意見が一致しました・・・これが後から思えば良かった「帯状疱疹事件」につながりました。

 帯状疱疹は、大分良く成りました。まだ、黒いブツブツは残っていますが痛みは有りません。バラシクロビル錠を1週間服用し、塗り薬を塗って様子を見ています。痛みが出る様だったら直ぐに来るように先生から指導を受けています。
posted by 友墨 一朗 at 15:11 | Comment(0) | 観光 富士霊園と箱根の旅

富士霊園と箱根の旅 リ・カーヴ箱根

 今回、お世話になった宿は仙石原に在ります「リ・カーヴ箱根」さんです。

 楽天トラベルから予約しました。評価も4.15と比較的に高いホテルです。
 プラン名:【春得】季節を彩る料理長渾身60種以上バイキング&温泉でお腹も心も温まろう♪♪観光施設やお土産でお金を使いたい方へ朗報♪♪
 と言うことで、相変わらずコスパと温泉重視の選択です。
DSCF4497b.jpg
 「当館で1番リーズナブルな料金のお部屋」と案内がありましたが、広さも十分あり快適でした。
 気になった点は、貴重品保管庫が部屋にありません・・・ちょっと心配でした。フロント横に暗証番号付きの保管庫があるとの案内もあったのですが・・・。
 食事は申し分ありません堪能しました!外国の方が多く、大変賑やか!落ち着いた雰囲気が無かったのが残念かな?

 仙石原温泉、大涌谷からの引き湯だそうです。白く濁っていました。お風呂を上がった後もポカポカでした!夕食前、寝る前、朝食前の3回、たっぷり楽しみました。
 今回は、朝の時間に、他の方がいないのを確認して写真撮影できました。
DSCF4493b.jpg

DSCF4494b.jpg

 我が家の評価は、5段階で4でした。
 
 翌日、近くに在る「箱根ガラスの森美術館」へ向かいました。
 
posted by 友墨 一朗 at 08:33 | Comment(0) | 観光 富士霊園と箱根の旅
2016年04月19日

富士霊園と箱根の旅 富士霊園

 三島スカイウオークを後にし御殿場市「富士霊園」に向かいました。
 富士霊園には、義理の父と母が眠っています。義父は4月、義母は後を追う様に翌年の3月に永眠しました。
 年に1度程ですが毎年この時期に墓参りをしています。富士霊園のお墓は良く管理されておりいつ来ても綺麗なのですが、妻と丹念に清掃しお線香をあげ近況報告をしました。


 墓参り後、花見を楽しみました。義父は、肝臓に癌が転移し自らの死期を悟っておられ生前にこの地にお墓を建てました。富士霊園に決めた大きな理由に、この見事な桜があります。桜の時期に花見を兼ね来てくれる事を願っていました。
DSCF4486b.jpg

DSCF4487b.jpg
 生憎の天気でしたが、妻と義父母の想い出を話しながら桜の樹の下を散策しました。

 この後、仙石原温泉に在る「リ・カーヴ箱根」に宿泊のため向かいました。
 
タグ:観光・静岡
posted by 友墨 一朗 at 08:19 | Comment(0) | 観光 富士霊園と箱根の旅
2016年04月18日

富士霊園と箱根の旅 三島スカイウォーク

 新東名高速道路、長泉沼津インターを降り三島スカイウォークに向かいました。
 三島スカイウォークは、日本最長のつり橋、そして富士山の絶景スポットです。
 この辺りは元々地名にも富士見とあり富士山の絶景スポットとして有名な場所でした。
 長泉沼津インターから約30分でした。駐車場は無料です。

 入場料金は大人1人1,000円(税込)、往復のと渡橋代込でした。
DSCF4467b.jpg
 下を覗くと・・・・・
DSCF4468b.jpg
 生憎の天気で、富士山は全く見えませんでした。新東名を走っている車中から時々、頭の部分が見えていたので期待していたのですが・・・こんな感じで見えるそうです。
 DSCF4475b.jpg
 橋を渡るのに約20分かかりました。橋の幅は大人3人が並んで立つことができますが、行路1人、往路1人で丁度良い間隔です。しかしながら、3人並んで歩かれる方がいたり・・・しかも遅い・・・譲る気全くなしとか・・・外国の方の方がマナーが良かったのが残念です。
 渡り切った地点からの写真です。
DSCF4476b.jpg
 何故か、妻の後をゾロゾロと付いて来る高齢の女性達・・・本当に不思議なのですが、観光地に行くと、このパターンに成ります。妻は、「私は、引率者じゃないのに・・・」と言って笑っています。
 橋を戻って展望台からの写真です。
DSCF4478b.jpg

 富士山を見る事が出来ず残念でしたが、心配していたつり橋苦手の妻も渡れて良かったです。来年、再チャレンジします。

 この後、墓参りと花見を兼ね「富士霊園」に向かいました。
タグ:観光・静岡
posted by 友墨 一朗 at 08:56 | Comment(0) | 観光 富士霊園と箱根の旅
2016年04月17日

富士霊園と箱根の旅 新東名高速道路

 年に一度しか行けませんが、義理の父と母が眠る静岡県御殿場市の「富士霊園」に行って来ました。
 箱根周辺の観光も楽しんで来ましたので、何回かに分けて掲載します。

 今回は、新たな区間が開通して間もない新東名高速道路を利用して旅行しましたので、利用感想などを紹介します。
 車のメモリナビに道路情報がないためYOGA TABLET2にインストールした「YAHOOカーナビ」を利用しました。(この辺の話は、別途掲載しますが、無料なのに凄いと思いました。)
 テレビで良く登場していた「岡崎サービスエリア」です。
DSCF4461b.jpg


 場内を含め大変清潔、設備も最新でした。
 「八丁味噌チーズケーキ」を購入しました。味は濃厚で美味しい!

 既に開通している区間ですが「遠州森町パーキングエリア」内の「遠州製麺所」です。
DSCF4523b.jpg

 
 全長4メートルの「一本うどん」です。
DSCF4522b.jpg
 麺は少し太目で、モチもちしています。お出汁はあっさりしていました。本当に1本なのか端から食べましたが・・・勿論、1本でした。

 全体で感じた事は、道路は段差も少なく東名高速道と比較して直線区間が長く高低差も少ないので非常に走り易い高速道路です。反面、山間を走る道路ですので景色は単調です。サービスエリア、パーキングエリアともに施設が整備されていて気持ちよく利用できました。

 次回は、「三島スカイウオーク」へ行ったレポをアップします。
タグ:観光・愛知
posted by 友墨 一朗 at 10:23 | Comment(0) | 観光 富士霊園と箱根の旅