2017年06月25日

炊飯器が壊れた!

 炊飯器の蓋が開かなくなりました・・・。
 炊けたご飯が入っているので、取り敢えず開閉ボタンを押しながら蓋と本体の隙間に車用の内貼り剥がしを挿し込み持ち上げると開く事が出来ました。
 内貼り剥がしは、妻に没収されました。
 このボタンを押すと蓋が上がるのですが・・・上がりません。
DSCF5682b.jpg
 丁番の部分が怪しい・・・早速、分解しました。
 ビンゴ・・・バネの片側がありません。(赤線)
DSCF5687b.jpg
 隙間に有りました!
 本来は、こんな形?
DSCF5689b.jpg
 この硬さのバネは、専用の道具がないと作れません。
 購入してから12年経過しており寿命と言うことで買い換えることになりました。
posted by 友墨 一朗 at 14:51 | Comment(0) | DIY 家電製品
2017年02月25日

ファンヒーターの修理

 修理する1週間程前から寝室で使用していたファンヒーターがタイマーで自動点火しなくなりました。
OVF_SL54_01.jpg
 HITACHI OVF-SL54、購入してから既に14年が経っており寿命の様です・・・こんな面白い物は有りません。駄目元で修理に挑戦しました!
 まず、エラー表示は「C11」、説明書によると「クリーニング」ボタンを押し、約1時間後にブザーが鳴るので、その後、強燃焼で30分運転、駄目ならもう1度、それでも駄目なら修理に出すと言う様な事が書いてありました。
 説明書に従い1回目・・・ダメ、2回目・・・ダメ
 家内曰く、「毎年、使い初めにエラーが出て、やってるわよ〜」
 念のためです・・・。

 点火用の火花はパチパチと飛んでいます。どうやら燃料の噴射が悪い様です。
 燃料用ポンプ部とキャブレター部を点検して見る事にしました。
 分解中
OVF_SL54_21.jpg
 殆ど、バラバラです。元に戻せるようにデジカメで撮影しながら分解しました。
<燃料ポンプ部の確認>
OVF_SL54_12.jpg
 青矢印の方から灯油を吸い上げ、赤矢印の方に送る様になっています。
 赤矢印側を爪楊枝の先で押すと、残っていた灯油が青矢印側に出て来たので詰まりは無さそうです。
 茶色く変色したフィルターのゴミを清掃。

<キャブレター部の確認>
 取り外すのに苦労しましたが、銅管を折らない様に注意しながら何とか外しました。
OVF_SL54_27.jpg
 赤矢印の部分が灯油を霧状にして噴霧する箇所です。
 ナット状になっている部分を外します。
OVF_SL54_28.jpg
 カーボン?がこびり付き真っ黒です・・・真鍮ブラシで擦りましたが・・・取れません。
 千枚通し、ヤスリなどで可能な限り除去しました。
OVF_SL54_29.jpg
 清掃前は、薄らとしか見えなかった先端の穴がはっきり見える様になりました。

<修理結果>
 逆の手順で組立、恐る恐る運転ボタンを押しました。
 おぉ〜ちゃんと一発で、着火しました。エラー表示も有りません。
 念のため、庭で30分程試験運転、さらに一旦運転を切り、再度運転、OKです。

 家内にその旨を告げると、「えぇ!直したの?怖くて使えない・・・」困った。
 私の書斎用ファンヒーターが寝室へ移動、修理したファンヒーターが書斎で試験中です。
 3日経ちましたが、正常運転中です。
 家内からの通告、「いつまでも遊んでいないで、危ないから買い換えてね!」ごもっともです。
タグ:家電修理
posted by 友墨 一朗 at 09:53 | Comment(0) | DIY 家電製品
2016年10月09日

腕時計の電池交換

 来週、娘の大好きな彼氏の御両親と初めてお会いし会食をします。
 スーツは現役時代に着用していた物で、比較的程度の良かったスーツを1着残していましたので、これを着る事にしました。
 最近、すっかり着けなくなった腕時計も現役時代・・・ここで、妻と婚約した時に、妻から貰った腕時計を思い出しました。
 若い時は、現場仕事が多く、傷を付けたくないと言う思いもあり着用しませんでした。また、昔のクオーツですので電池の寿命が短く、1年程で電池切れ・・・で、あまり出番もなく・・・33年・・・。

 使える物ならと電池交換しました。
 電池(SR716SW)は、ヨドバシ・ドット・コムで、送料税込198 円でした。
 
 シチズン ドレッセル 2830です。
tokei001.jpg
 箱入り保管ですので、外観は綺麗です。(ベルトはちょっと・・・)
 赤矢印に精密ドライバーを差し込み傷を付けない様に気を付けながら裏蓋を開けます。
tokei002.jpg
 中身も綺麗です。電池の液漏れも有りません。
tokei003.jpg
 電池を固定している金具のネジ2箇所を緩め電池を外しました。
tokei004.jpg
 電池を交換し、先ほどの電池固定用ネジを締めます。
 新しい電池は金色です。「接触抵抗低減を実現した、金コーティングを採用」と説明書きがありました。
tokei005.jpg
 ゴムパッキンも切れはありませんでした、グリスを塗り再使用しました。
 裏蓋をパチンとしめて作業は終了しました。
 交換して5日程様子をみましたが、秒単位でづれはありませんでした。
posted by 友墨 一朗 at 10:27 | Comment(0) | DIY 家電製品
2016年07月24日

古いエアコンのリモコン修理

 実家には、25年程前に取り付けたNational製のエアコンがあります。これが何と現役で動いています。
 母に調子が悪いので、修理を頼んで欲しいと言われたのですが、流石に古いので交換する様に話すと、父と探して購入した事やデザインが気に入っているので、直るものなら直したいと言います。

 修理は難しいと思いながら、エアコンの型番等を確認に行き、再度、状況を確認すると・・・リモコンの表示が電池を交換しても一瞬表示され消えてしまう・・・念のため、本体で強制運転すると・・・冷たい風が・・・どうやらリモコンだけの様です。

 品番:A75C260 メーカー:National
DSCF4714b.jpg
 確かに電池を入れると液晶に表示がでます・・・軽く叩くと消えます・・・電池の接触不良?
 電池の端子等は、異常ありません。
 駄目元で分解します。
 電池ホルダにあるネジを外します。
DSCF4716b.jpg
 マイナスドライバでこじ開けます。
DSCF4717b.jpg
 分解した状態でテスターで電圧チェックすると・・・分かりました・・・
DSCF4712b.jpg
 ここで、接触不良を起こしていました。半田を除去し、再度半田付けをしました。
DSCF4711b.jpg
 OKです!
 叩いても消えません。
 驚くべきは、このエアコンの寿命です。エコと言う面では、ちょっと問題かも知れませんが、ちゃんと現役でエアコンの仕事をしています。
 車の様に、エコじゃないから税金上乗せもないので、当分頑張って貰います。
タグ:家電修理
posted by 友墨 一朗 at 11:03 | Comment(4) | DIY 家電製品
2016年07月04日

扇風機の修理

 暑い〜あつぃ〜暑い!
 月曜日は毎週、実家のゴミ出しです・・・ゴミ出しから帰って来て、書斎(実は2階物置に勝手に机など持ち込んで作った作業スペース)でパソコンをいじるため扇風機のスイッチをON・・・動きません・・・昨日は、動いていたのに???
 無暗にコードやコンセントをいじるとショートして危険です。直ぐにコンセントを抜きました。

 修理開始です・・・暑い
 先ずは、底板の固定ネジを全て外してスイッチパネルを外しました。
senpuuki01.jpg
 テスタで導通確認です。
 ?以上ありません・・・モーター部なら厄介です。
 クリップで接続し、導通音を出したままコンセント部をグニュグニュすると当たり!
 手持ちの中古コンセントと交換しました。
senpuuki02.jpg
 私は、コンセントなどの接続は、圧着端子で行っています。線が解けてショートの心配がありません。(圧着した後、コードを引っ張り抜けないか必ず確認が必要。)

 記事を投稿している傍で、何事もなく動いています。
タグ:家電修理
posted by 友墨 一朗 at 09:44 | DIY 家電製品
2016年04月25日

暖房機器の清掃

 大分前から部屋の片隅に追いやられていた暖房機器の清掃を行い物置の扇風機と入れ替えをしました。
DSCF4533b.jpg

 外せる箇所は外し内部まで清掃します。
 と言ってもの毎回の事などで、それ程汚れてはいません。
 写真は、ガスファンヒーターの全面パネルを外したところです。
posted by 友墨 一朗 at 15:47 | Comment(0) | DIY 家電製品
2015年10月13日

扇風機の清掃

 すっかり涼しくなりました。
 使わなくなった扇風機、来年も元気で働いて貰うため清掃を行いました。
 我が家には、何と7台も・・・私が単身赴任の時代に持ち歩いていた物、娘たちが大学生の時一人暮らししていた時の物・・・あれば使います。
 清掃すると・・・殆ど汚れていない物もありました・・・まぁいいかぁ
 私の清掃は、メンテナンスも兼ねていますのでモーター部もあけ清掃しています。2時間ほどの作業でした。
DSCF3938s.jpg
posted by 友墨 一朗 at 16:54 | Comment(0) | DIY 家電製品
2015年05月14日

DIYエアコン取外し

 家を建てた時に設置したエアコン、流石に22年が経過し昨年あたりから調子が良くない・・・
 今回、暑くなる前に交換することとしました。
 ところで、エアコンて標準取付料は購入費用に含まれるのですが、取外し料金とリサイクル料金は別に取られますよね?
 リサイクル料金は仕方ないのですが、取外し料金4千円程が・・・。
 転勤族だった私は、エアコンの取外しはいつも自前です。

 今日、取外しを行いました。作業時間1時間程です。やり方は、ネットで調べると詳しく掲載されているので興味のある方は検索して下さい。

DSCF3328.jpg
posted by 友墨 一朗 at 20:29 | Comment(2) | DIY 家電製品