2015年11月06日

床下の湿気対策 その5

 床下の湿気対策を完了しました!腕足の肘、脇腹が痛い痛い・・・腹這いでの作業は思っていたより大変でした。
 防湿シートと調湿材(既設調湿材の再利用)の布設を行いました。
 既に、湿気がシートの裏側に溜まっています。
 調湿材が撒かれていない部分は、この後行うテレビ用配線を行う際、通路とするため撒いていません。
DSCF4026s.jpg
 押入れ、納戸、床の間に保温材を付けました。殆どがハメ込みだけでOKでしたが、一部落下防止に釘を打ちました。
DSCF4003s.jpg
 さらに、保温材の上から防湿シートを貼りました。固定は、防湿シートを、既設の桟と防腐処理した1×4材をコードレスネジで留めました。(狭い場所なので電動ドライバーで留める様にしました。)
DSCF4005s.jpg

 述べ9日間の作業でした。(4から5日で出来ると思っていました・・・)
 費用は約17,000円でした。

 過去の床下湿気対策投稿記事
posted by 友墨 一朗 at 08:47 | Comment(0) | DIY 床下湿気対策

2015年11月04日

床下の湿気対策 その4

 床下の防湿シートの布設が完了しました。
 明日から和室押入れと納戸の床下に保温材をハメ込み、さらに防湿シートで覆います。
 今日は、その準備で先に購入した押出法ポリスチレンフォーム断熱材を床下に合わせカッターナイフで切断しました。(1枚1,080円の物を2枚購入)
 DSCF4006s.jpg
 床下の裏側に貼る防湿シートを押えるため、1×4材(4本)を縦長半分に切断し、コードレスネジで固定し易い様、予めドリルでネジ穴を空けました。防腐剤を塗布し腐り止めをしました。長さは1本70センチにしました。(4本で約800円)
DSCF4007s.jpg
 納戸には調湿材がなかったので、新たに2袋購入しました。(1坪分で約2,000円)
DSCF4008s.jpg
 明日で工事完了予定です。

 続き
 
 床下湿気対策投稿記事一覧
posted by 友墨 一朗 at 16:05 | Comment(0) | DIY 床下湿気対策

2015年10月31日

床下の湿気対策 その3

 本日は休工です・・・と言うか、体が痛くて痛くて床下に潜れません・・・
 1日2時間、5日間作業を行いました。調湿シートは、ほぼ布設出来ました。残りは微妙に残った隙間と、保温材の取付です。
 ところで、床下に潜っての作業が余りにも大変なので、別途、和室に侵入口を設けました。
DSCF4012s.jpg
 和室の畳をめくり電動ノコで床板を切断しました。
 切断した板3枚は、裏板を付け蓋状にし、落下とづれを防止しました。
DSCF4011s.jpg
 床下の移動様に古いお風呂マットを使うようにしました。
 これらの作業で、随分と楽になりました。今日は保温材を買いに近くのホームセンターに行きます!

 続き
 
 床下湿気対策投稿記事一覧
posted by 友墨 一朗 at 09:50 | Comment(2) | DIY 床下湿気対策

2015年10月28日

床下の湿気対策 その2

 床下に潜り既設の調湿材の一時移動を行っています。
 今日で3日目になりますが、カッパ、防塵マスク、防塵メガネ、ゴム手袋を装着し、腹這いの作業は想像以上に大変です!
 一日2時間が限界・・・汗だく・・・肘と肋骨あたりが痛い!

 スコップでは思いのほか捗りません。
 今日は、午前中にトンボを作成しました。床下に持ち込め、束石と束石の間を通過できるサイズとしました。
DSCF4013s.jpg

 午後から、潜ります・・・トンボで作業の効率アップが図れますように・・・

 続き
 
 床下湿気対策投稿記事一覧
posted by 友墨 一朗 at 11:33 | Comment(0) | DIY 床下湿気対策

2015年10月26日

床下の湿気対策 その1

 先に、水廻りのリフォームを行いましたが、見積もりの際に床下の湿気対策についても提案と見積もりをして貰いました。予算的に厳しかったので実際の工事ではカットとなっていましたが、自営工事で行うこととしました。
 我が家の床下状況
 最近の住宅の様にモルタル等で処理がされておらず土のままです。家を建て5年位してからシロアリ業者さんの提案で、床下調湿剤を敷きました。これで大分改善されたのですが・・・和室の押し入れ、階段下の納戸は梅雨の時期、冬の時期は湿った感じで、何もしないとカビ臭い・・・除湿剤が欠かせない状況です。また、暖房器を使用すると、外壁に面していない壁が結露することもあります。床の裏面には、グラスウールが張られています。(和室、納戸の床下はありません。)
DSCF3932s.jpg

 業者さんの提案
 床下にモルタルを貼るのは、費用が相当となると言うことでした。
 床下に防湿シートを貼り、その上に調湿剤を蒔く、和室の押し入れ、納戸の床下に保温材を取付る。
 他に、床下全面にウレタン吹き付けと言う提案もありました。

 自営工事の概要
 床下の既設除湿剤を一時的に他の場所に移し、防湿シートを貼り、その後、除湿剤を戻す。押入れ、納戸の床下裏に保温材を貼ることとしました。予算は3万円程・・・

 家の建築図面から、防湿シートの必要数を計算したところ2本必要でした。
 防湿シートは、家の布石があることと、布設後にその上で作業があるため丈夫な巾950mmの「強力防湿シートS スーパーグレード品 50m巻」としました。
 アマゾンで購入した防湿シートです。2本で11,960円でした。
DSCF3935s.jpg

 床下には、台所の床下収納を外さないと入れないため妻と相談した結果、作業時間は、昼1時から4時の間となりました。何日係るか???、防塵マスク、防塵メガネ、雨カッパ着用で今日から作業を始めます。

 続き
 
 床下湿気対策投稿記事一覧
posted by 友墨 一朗 at 09:51 | Comment(0) | DIY 床下湿気対策

2015年07月09日

湿気対策用品購入

 某テレビ通信販売で紹介されていたテイジン製ベルオアシス使用の除湿ボックスドライをアマゾンで購入しました。6個セット送料込3,300円です。
 我が家の用途は、この時期湿気の多い階段下物置と1階和室押入れです。
 ベルオアシスの水分吸湿については大変興味があったのですが、通売で売られている小さな物は要りません。むしろ、オマケのように扱われているボックスタイプが欲しい!でネットを検索するとチャンとありました。
 外観は芳香剤のような・・・実力は如何に?

 <ベルオアシス単体の主な性能>
 木綿の約7倍、B型シリカゲルの約2倍の吸湿能力
 アンモニアに対する消臭性が特に強く、天日干しにより繰返し使用が可能
 吸水・吸湿を繰返しても、その性能は低下なし
 大きな表面積により素早く吸水し、圧力を加えても容易に水分を逃さない など

 DSCF3578.jpg
posted by 友墨 一朗 at 20:23 | Comment(0) | DIY 床下湿気対策