2017年01月10日

パソコンデータのバックアップとハードディスク交換

 年に1回ほど、パソコン内のデータ整理と外付けハードディスクへのバックアップをしています。
 今回は、内臓ハードディスクの定期交換(3年周期)を合せて行い先ほど完了しました。
DSCF4969.jpg

 ハードドライブはHDDでなくSSDにしました。
 交換用ハードディスクを物色中に、SSDが随分安くなっていたので・・・欲しくなってしまい購入しました。
 購入したSSDは「Samsung SSD 750EVOシリーズ 250GB」です。購入したと言ううか貯まったポイントとクーポンの範囲で入手しました。

 SATAをUSBに変換するアダプターで接続し、フリーソフト「EaseUS Todo Backup Free」を使ってクローンコピーしました。

 接続換えして起動しましたが問題ありません。パーテンションアライメントを確認しましたが、パーティション開始オフセットが4096で割り切れる整数になっていました。

 私のパソコンは、FRONTIER(フロンティア)製のFRDS7703と言う製品(平成18年製)ですが、SATA2と言う規格の為、SSDに換装してもさほどの高速化は望めないと思っていましたが予想に反しキビキビと動作しています。(私の気持ちの問題かもしれませんが・・・)

 CrystalDiskMarkでベンチするとSequentialが約2倍強になっています。
 BootRacerで起動時間を計ると、Windowsブートが約5秒、ディストップブートが約6秒ほど速くなっていました。
posted by 友墨 一朗 at 16:32 | Comment(2) | パソコンの話 ハードウェア

2014年09月15日

PCアナログモニタで地デジチューナー(HVT-BCT300)を見れるようにする!

 I-O DATA製 地デジチューナー(HVT-BCT300)は、単身赴任時代に録画用として購入したものですが家に戻ると普通の録画機がありお役御免状態になっていました。
 パソコンをしながらテレビも観たい・・・昔使ったいたパソコン用のアナログディスプレイに映せないか・・・そう言えば、変換アダプターなるものが関連商品であったはず・・・値段が高かったような記憶がある。
 I-O DATAのホームページでは、定価3,700円、ネットで探すとamazonで中古が送料税込で1,666円・・・即、購入しました。(MA-D2A)

 本日、メール便で現物到着、?これ中古なの?と思うほど良い商品でした。(amazonの箱、デカ過ぎ)

 早速、接続し電源を入れると・・・表示された画面は・・・ほぼ、緑色・・・あれ?何か設定があったのかと思い取説を読むも無し・・・HVT-BCT300の設定をいじるも変化なし、モニタを調整するも変化なし、そう言えば、昔モニタのアナログ映像ケーブルの接続不良で色がおかしくなった事を思い出し、接続し直したが変化なし・・・モニタを見ながらケーブルにストレスを加えるも変化なし不良品か!

 と、ここで、HVT-BCT300の電源をリセット(コンセントを抜く)をしてみると、随分、再起動に時間を要したが何事も無かったように普通の色でモニタに映像が映りました!(PCアナログモニタは4:3でしたので、説明書のとおり縦長に見えています。映っていれば私の場合はチラ見なので問題ありません。)

 参考:音声を聞くにはHVT-BCT300のアナログ音声出力をモニタの音声入力に接続する必要があります。
posted by 友墨 一朗 at 15:53 | Comment(0) | パソコンの話 ハードウェア