2015年07月19日

linuxBean14.04をインストール

 随分前に、WindowsXPパソコンの後継OSとしてPuppy Linux導入の話を掲載しましたが、実はあれからlinuxBeanに乗り換えて使い続けています。
 今回は、自作パソコン(マザーMSI、865G Neo2)に最新バージョン14.04.2-150501をインストールしました。
 このバージョンの推奨環境
  ディスクの空き:10GB 以上、CPU:i686(Pentium M, Celeron M 以降)、メモリ:384MB 以上です。
 linuxBeanは、linuxBeanのページからISOファイルでダウンロードしました。
 LinuxBean1404_001.png
 ISOファイルはImgBurnでCD-Rに焼きインストールしました。
 パソコンにCD-Rを挿入し起動すると、何やら作業が始まりますが、この段階では何もインストールされません。CD-Rからの起動となります。
 LinuxBean1404_003.png
 linuxBeanへようこそ!画面が表示されます。「OK」をクリックするとこの画面は消えます。
 LinuxBean1404_004.png
 画面左上にlinuxBean14.04のインストールアイコンがありますが・・・私の環境では、これをクリックしてもインストールが始まりませんでした・・・右クリックし「開く」を選択するとインストールが始まりました。
 LinuxBean1404_005.png
 インストールするための確認画面が表示されますが指示に従い必要な情報を選択、入力し作業を進めます。
 LinuxBean1404_011.png
 インストールが始まりました。
 LinuxBean1404_012.png
 再起動を促す画面が表示されます。
 LinuxBean1404_013.png
 再起動中に、ドライブからCD-Rが排出されます。起動途中ログイン画面が表示されます。設定したパスを入力します。
 問題なく起動しました。
 最初に、起動した時は「linuxBean設定ウィザード」が表示されます。
 LinuxBean1404_018.png
 必要な設定をしましたが、後から遣り直すこともできます。
posted by 友墨 一朗 at 09:46 | Comment(0) | パソコンの話 Linux
2013年09月13日

無線lan接続成功!

 Planex製GW-USWExtremeの無線lanが接続できず先人の知恵を借りいろいろ試しました。
 先輩達の書込みを参考にしながらLINUX用のドライバを導入したりもしたのですが、多分、やり方が悪いらしく駄目でした。

 殆ど諦めていたのですが、ゴチャゴチャとやっていると、何と!つながりました!

1 元々導入されていたドライバをブラックリストへ入れました。
  これは、最初の頃に実施済みでした。
  ブートマネージャを起動、「モジュールを「ブラックリスト」するにはここをクリック」で行います。
2 Windowsドライバを使いました。
  これも既に実施済みでした。
  realtek社のサイトからWindowsドライバをダウンロード
  ネットワークウィザードを起動
  モジュールの読み込みをクリックし、Ndiswrapperで導入します。
○ ネットワークウィザードのFrisbeeを使う。
  Frisbeeが起動するとアクセスポイントを勝手に探し出してくれます。
  自分のSSIDを選択してConnectボタンを押します。
  キーを聞いてくるので入力
 すると、画面上に文字があらわれ最後に緑色の文字でIPアドレスなどが表示され、何やら接続された様子・・・試しにYAHOOにアクセスするとチャンとつながりました。
posted by 友墨 一朗 at 17:08 | Comment(0) | パソコンの話 Linux
2013年09月05日

Panasonic CF-T4対応状況

 あっさりと起動したPUPPY LINUXですが、確認した動作状況です。
<ドライブ認識>
 ハードディスク、SDカードはOKです。
<USB機器>
 USBマウス、USBメモリはOKです。
<ディスプレイ>
 問題なく表示しています。
<サウンド>
 問題なく聞こえます。
<ポインティングデバイス>
 動作しています。
<キーボード>
 問題ありません。
<ネットワーク>
 有線LANは、問題なく動作しています。
 ワイヤレスは、前から調子が悪く検証できません。
 外付けUSBワイヤレス(PLANEX GW-USWExtreme)は動作しませんでした。
 外付けUSBワイヤレスが何故動作しないか?認識はしています。設定してもNGになります???何とかしたいので、勉強中です。
posted by 友墨 一朗 at 22:38 | Comment(0) | パソコンの話 Linux
2013年08月31日

PUPPY Linux USB起動

 Panasonic CF-T4で果たしてPUPPY linuxが問題なく動作するのか?まずはUSBメモリで起動させ確認することにしました。
 OSは「パピーリナックス 日本語版」サイトからパピーリナックス Precise-550JP版のISOファイルをダウンロードしました。
 USBメモリで起動できるようUNetbootinサイトからwindows版をダウンロードします。
 USBメモリをパソコンに接続し念のためドライブを確認しておきます。
 UNetbootinを起動します。
unetbootin01.jpg
 上のアイコンをクリック、セキュリティの警告がでますが「実行」
unetbootin05.jpg
 ディスクイメージをチェック、ISOイメージを選択、ダウンロードしたPUPPY LinuxのISOイメージを選択、一番下の行でUSBドライブを選択、先ほど確認しておいたドライブを選択して「OK」ボタンを押すと書き込みが始まります。
unetbootin06.jpg
 完了すると、
unetbootin07.jpg
 上の画面が表示されます。
 画面に従い再起動、BIOS起動順を変更するためにPanasonic CF-T4の場合は、起動画面が表示されたらすぐに「F2」keyを押します。
bios01.png
 上の画面が表示されれば「→」keyで起動タブを選択します。
bios02.png
 起動対象外の赤矢印が、今回起動対象にするUSBドライブです。
 私が使用したUSBメモリがSILICON社製品のため、silicon powerと表示されています。
 後で、別USBメモリで確認したところ、そのUSBメモリはUSB KEYとして認識されましたが起動順を変更すれば問題なく起動できました。
 上下「↑」or「↓」keyで赤矢印USB HDDを選択します。次に「x」keyを押すと、
bios03.png
 起動順位:に移動します。
 bios04.png
 選択した状態で「F6」keyを押して、順位を1番とします。
 最後に「F10」keyを押し保存して終了します。
 しばらく黒い画面に英文字が表示され勝手に何かをしていますが、何もせずに放置すると、
PUPPY550.png
 何とも簡単に起動しました。
 動作確認状況は、次回ご報告します〜〜〜
posted by 友墨 一朗 at 15:38 | Comment(0) | パソコンの話 Linux
2013年08月25日

PUPPY Linux

 WindowsXPも平成26年4月でサポートが終了します。当分は問題ないと思われますがセキュリティが心配なところです。我が家では家族が共有で使っているノートパソコンPanasonic CF-T4をどうするか・・・Windows7でも動作するようですが・・・かなり重くなるとの情報、パソコン自体の寿命を考えるとWindows7を購入するのは経済的でない。・・・しかし動作しているパソコンを買い換えるのも・・・で、無料のPUPPY Linuxを試して見ることにしました。
posted by 友墨 一朗 at 07:52 | Comment(0) | パソコンの話 Linux