2017年01月03日

平成28年収支結果

 年の初めに前年の収支を纏め、これからの資金計画を変更しています。
 平成28年における収支結果は次の様になりました。
2016_syushi.png
<収入>
 厚生年金+財形年金+その他で約2、917千円有りました。
 計画より約817千円のプラスでした。
 各年金の配当が高かったこと、同居している二女からの生活負担の支払があったこと、頼まれ仕事の報酬などがあったためです。

<支出>
 約4,195千円の支出が有りました。
 計画より470千円程支出が増えました。
 一番誤算だったのが二女の結婚のためのお祝い金(準備資金)でした。こればかりは判りませんでしたと言うか去年の1月頃・・・そんな話はありませんでした。

<纏め>
 支出は増えましたが、反面、収入が増額、予定していた支出の内、税金の還付、春に計画していた九州旅行の中止(熊本地震)などで支出が抑えられました。
 結果、当初計画していた収支より約344千円の黒字となりました。

<今後の資金計画>
 収入面では、年金の増加額を反映しました。
 その他の収入は、不安定要素が高いため計上しないことにしました。
 光熱費が省エネに努めた結果、随分と安くなったので支出金額を下げました。
 二女の結婚に伴い交際費の支出を増やしました。
 
 定年退職して2回目の正月を迎え、老後のお金を見直しました。まだまだ大丈夫の様です。
posted by 友墨 一朗 at 15:44 | Comment(2) | 退職後のお金 収支
2016年01月05日

平成27年収支結果

 あけましておめでとうございます。
 平成28年の正月は、家族5人揃っての正月となりました。
 
 平成27年の家計簿から収支結果を求め、長期的な老後のお金の見直しをしました。以下のとおりです・・・。まだ、大丈夫のようです。

 収入は、退職金、給与等で2、602万円でした。(毎年ほしい・・・)年当初の計画時より98万円増となりました。
 支出は、水廻りのリフォーム、生命保険の一括支払い、生活費等で1、536万円でした。年当初の計画額より306万円増です。
 支出が計画より増となったのは、水廻りのリフォーム、住民税、車の維持費が主原因でした。
 <詳細な支出額>
 国民年金(妻)前納 18万円、健康保険 40万円、生命保険前納(貯蓄) 468万円、固定資産税 6万円、所得住民税 46万円、生活費 181万円、光熱費 40万円、通信費 12万円、娯楽費(小遣い)18万円、物品費 35万円、車維持費 30万円、交際費 6万円、住宅維持費 636万円

 車維持費・・・車検代とスタッドレスタイヤ購入でオーバー
 所得住民税・・・平成26年分の住民税を計上していなかったため
 住宅維持費・・・住宅ローン一括返済、水廻りリフォームなどで高額(住宅維持費は、保持金で計上しており先食いしたもの)

 家計簿の分類の仕方がいい加減だったため折角excelファイルで記入していたのに推移検討するに大変でした・・・平成28年は、注意しながら正確に分類したい・・・出来るかなぁ???
posted by 友墨 一朗 at 11:58 | Comment(0) | 退職後のお金 収支
2015年01月18日

表計算ファイルのダウンロード

 私が作った表計算ソフトの計算式を変更し多くの方が使えるようにした定年退職後の資金計画に利用できる表計算ファイルをホームページからダウンロード出来るようにしました。
 私のパソコンにはマイクロソフトのOfficeなどと言う高価なソフトはインストールされていません。無料のApache OpenOfficeを愛用しています。今回は、OpenOfficeのcalcで作成したファイルをExcelファイル形式としてアップしています。多分・・・マイクロソフトのExcelでも・・・問題なく動くと思うのですが・・・?
 関数互換の問題もありますので、複雑な関数、マクロは使っていません。その分、計算式が---------------------------〜〜〜長い〜〜。
 宜しければ試供して下さいね!

 皮算用表計算ファイルのページ
posted by 友墨 一朗 at 20:22 | Comment(0) | 退職後のお金 収支
2014年12月21日

何歳まで生きれるのか?

 老後の生活設計をする上で、全く分からない数値が何歳まで生きるとするのか?ではないでしょうか?
 「定年後のお金皮算用」では、平均寿命としていましたが、私の寿命が80歳、妻は87歳としています。

 妻への説明用資料を作成していて、この年齢をどうするかで、悩みました。
 最新の「主な年齢の平均余命とその延び」を見ると、
 平均寿命・・・男性79.94歳 、女性86.41歳
 60歳平均余命・・・男性22.93年 、女性28.33年
           (男性82.93歳 、女性88.33歳)だそうです。

 定年後、年金以外の収入がないならば長生きすればするほど手持ちのお金は減っていきます。老後の生活設計を考えるなら60歳平均余命で算出した寿命で皮算用する方が正しいような気がしました。
 妻への説明資料は、私の寿命を85歳、妻の寿命を90歳で計算することにして作業をしています。
 
posted by 友墨 一朗 at 08:41 | Comment(0) | 退職後のお金 収支
2014年03月19日

計算方法が間違っていました!

 私と妻がそれぞれ年金を受け取るようになった時の税金額を二人の年金総額で計算したいました。
 各々で計算するのが正解でした。
 A様からご指摘を頂き修正しました。本当にありがとうございます。
 <修正したページ>
 「実際の年金と税金」「定年後のお金皮算用結果」
 最終的な残額が181万円ほどになり少し余裕がでてきました。
posted by 友墨 一朗 at 21:40 | Comment(0) | 退職後のお金 収支
2014年03月08日

計算方法が間違っていました!

 妻が一人となってから妻が受け取る年金の内、遺族年金分には税金は掛りません。
 「定年後のお金皮算用」では、これを間違えて課税有で計算していました。
 ご指摘を頂き修正しました。
 <修正したページ>
 「実際の年金と税金」「定年後のお金皮算用結果
 最終的な残額が128万円ほどになり少し余裕がでてきました。
 ご指摘を頂いたA様には本当に感謝です!
posted by 友墨 一朗 at 08:30 | Comment(0) | 退職後のお金 収支