2016年11月04日

水廻りecoリフォーム検証 電気編と纏め

 今回は、前回のガス編に続き電気編を掲載します。
 今回で、水廻りecoリフォーム検証を完結します。

 昨年の9月から10月に掛け、古くなった水廻りと窓の二重化リフォームしましたが、どれだけeco化が出来たか検証しましたので掲載します。
 比較期間は、リフォーム前平成26年10月〜平成27年9月、リフォーム後平成27年10月〜平成28年9月を比較しました。この期間内に、家族構成が4人の時期と5人の時期があることと、温度差もあることを含め検討しました。

 水廻りecoリフォームですので、電気代?だと思いますが、窓の二重化リフォームを同時に行っており夏場の電気代軽減を期待し検証しました。
 検証期間中に電力自由化があり平成28年4月からは契約を「eRex」に変更しています。
 新電力切替経緯は、こちらからご覧ください。
<電気使用量>
denki_shiyouryou.png
 グラフのオレンジ線(平成27年)とグリーン線(平成28年)の8月だけを見比べると、使用量が減っています。しかしながら、前後の7月、9月を見比べると、逆に増加しています。これは、同時期の平均気温が前年よ高くエアコンの使用が増えたためと、リフォーム前には無かった浴室乾燥機の使用が増えたためと思われます。
 リフォーム前の1年間の電気使用量は、6976kWhでした。
 リフォーム後の1年間の電気使用量は、6991kWhでした。
 電気使用量は単純に考えると15kWh増加したことになります。

 ちょっと残念ですが、夏場の温度に大きく影響されたのと、長雨による乾燥機の使用が増えたため仕方無いように思います。

<電気料金>
denki_ryoukin.png
 グラフのオレンジ線(平成27年)とグリーン線(平成28年)を見比べると、電気料金自体は安くなっています。電力自由化があり平成28年4月から契約を「eRex」に変更したため安くなったものです。
 リフォーム前の1年間の電気料金は、203,579円でした。
 リフォーム後の1年間の電気料金は、178759円でした。
 電気料金は使用量に反し、24,820円安くなりました。

===纏 め===
 単純に料金だけで計算すると、水道料金が19,562円、ガス料金が78,776円、電気料金が24,820円、全体で年間123,158円安くなりました。
 今回検証して難しく感じたのは、光熱費は家族の人数、天候、気温に大きく影響を受け単純に比較出来ないことが判りました。
 今回の検証で、水廻りecoリフォームをした結果、それなりの効果があったと実感出来ました。
posted by 友墨 一朗 at 10:38 | Comment(0) | リフォーム

2016年10月31日

水廻りecoリフォーム検証 ガス編

 今回は、前回の水道編に続きガス編を掲載します。

 昨年の9月から10月に掛け、古くなった水廻りと窓の二重化リフォームしましたが、どれだけeco化が出来たか検証しましたので掲載します。
 比較期間は、リフォーム前平成26年10月〜平成27年9月、リフォーム後平成27年10月〜平成28年9月を比較しました。この期間内に、家族構成が4人の時期と5人の時期があることと、温度差もあることを含め検討しました。

 我が家では、リビングの暖房にガスファンヒーターを使用しています。
<ガス使用量>
gas_siyouryou.png
 平成26年11月〜平成27年2月の間、長女が同居し家族構成は5人でした。このためガス使用量も例年に比べ多目となっています。平成26年3月までは、二女(大学生)が別居しており3人でした。
 グラフのオレンジ線(平成27年)とグリーン線(平成28年)を見比べると、使用量が減っています。
 リフォーム前の1年間のガス使用量は、1144㎥でした。
 リフォーム後の1年間のガス使用量は、831㎥でした。
 ガス使用量は単純に考えると313㎥エコしたことになります。

<ガス料金>
gas_ryoukin.png
 ガスの契約は、リフォーム前は「あったかトクトク料金」の標準プランでしたが、リフォーム後はエコジョーズプランになっています。
 リフォーム前の1年間のガス料金は、199,380円でした。
 リフォーム後の1年間の水道料金は、120,614円でした。
 ガス料金は単純に考えると78,766円お財布に優しかったことになります。

<水道エコリフォーム>
 お風呂は全て取り替えました。湯舟は保温機能付にしています。
 給湯器はエコジョーズに交換しました。
 調理用レンジを交換しました。
 窓の二重化を行いました。
 これらの効果げ出ていると思います。

 次回は、電気の使用量と料金について検証した結果を掲載します。・・・続き
posted by 友墨 一朗 at 10:54 | Comment(0) | リフォーム

2016年10月29日

水廻りecoリフォーム検証 水道編

 昨年の9月から10月に掛け、古くなった水廻りと窓の二重化リフォームしましたが、どれだけeco化が出来たか検証しましたので掲載します。
 比較期間は、リフォーム前平成26年10月〜平成27年9月、リフォーム後平成27年10月〜平成28年9月を比較しました。この期間内に、家族構成が4人の時期と5人の時期があることと、温度差もあることを含め検討しました。

水道は2か月に1回の検針です。
<水道使用量>
suidou_siyouryou.png
 平成26年11月〜平成27年2月の間、長女が同居し家族構成は5人でした。このため水道使用量も例年に比べ多目となっています。平成26年3月までは、二女(大学生)が別居しており3人でした。
 グラフのオレンジ線(平成27年)とグリーン線(平成28年)を見比べると、使用量が減っています。
 リフォーム前の1年間の水道使用量は、459㎥でした。
 リフォーム後の1年間の水道使用量は、377㎥でした。
 水道使用量は単純に考えると82㎥エコしたことになります。

<水道料金>
suidou_ryoukin.png
 リフォーム前の1年間の水道料金は、79,866円でした。
 リフォーム後の1年間の水道料金は、60,360円でした。
 水道料金は単純に考えると19,526円お財布に優しかったことになります。

<水道エコリフォーム>
 お風呂は全て取り替えました。湯舟の湯量が減りました。節水シャワー栓に変わりました。
 おトイレ2箇所は、2箇所共節水トイレに交換しました。
 これらの効果げ出ていると思います。

 次回は、ガスの使用量と料金について検証した結果を掲載します。・・・ガス編へ
posted by 友墨 一朗 at 15:29 | Comment(0) | リフォーム