2017年03月15日

APEMAN ドライブレコーダー C550搭載

 APEMAN ドライブレコーダー C550+C550 専用GPSアンテナGR20をレガシィB4に搭載しました!


 早く搭載したかったのですが・・・ようやく本日レガシィB4に設置しました!

 その前に、「Amazonの出品者 Apeman JP 様から注文に関するご連絡 (注文: ***********)」と言う題名のメールを2通受信しました。
 1通目は、GPS情報を利用して地図上に軌跡とか速度を表示させるソフトをダウンロードするページへのリンク情報でした。私はこのソフトの利用は考えていませんが、念のためダウンロードしました。圧縮形式はrarでした・・・何か昔良く使ったので懐かしいような・・・。
 2通目は、設定に関する注意事項の様な内容でした。言語、タイムゾーンとかモーション検知がオフでないと動作しないとか・・・。
 先にリアカメラでの回答の速さ、今回のメール連絡、中華製品にしては、丁寧な対応だと思いました。

 本題です!
 既に設置していたドライブれーコーダーQD-101を外しました。(QD-101は、妻の愛車モコに取り付けます。)
 リアカメラはリアウィンドウ上部に取付、配線は天井裏を通すことにしました。
 本体とGPSアンテナは、バックミラーの裏側のフロントウィンドウに取り付ける事としました。

<リアカメラ設置>
 これが結構大変でした・・・
 天井後部の固定用ピンを外しました。
 天井中央部に有る室内灯を外しました。
 天井中央部室内灯の空いた穴から通線材(ピアノ線)を入れ後部まで通しました。
C550_back11.jpg
 これにリアカメラのコネクター部を括り付け天井中央部室内灯の穴から引き出しました。
 次に、この配線を前方に持ってくるため前方の室内灯を外しました。
 さらに、フロントガラス面に引き出すために、日除けのフックを外しました。
 フロントガラス→前方室内灯→中央室内灯と通線材を通しました。
C550_back13.jpg
 これにリアカメラのコネクター部を括り付けフロントガラス上部から引き出しました。
 リアカメラには粘着テープが張ってありましので、これを利用してリアガラス上部に貼り付けました。(他に固定用のネジが2本付属しています。)
C550_back00.jpg
 リアガラスには熱線が通っていますのでこれを避け若干運転席寄りに貼り付けました。
 リアカメラの上下角は、支持金具を曲げ調整しました。

<電源接続>
 電源は、QD-101が使用していた隠しシガーソケットを流用することにしました。

<GPSアンテナ設置>
 付属の粘着シートでフロントガラスに貼り付けました。
C550_DC02.jpg

<ドライブレコーダー本体>
 付属のステーと付属の粘着シートでフロントガラスに貼り付けました。
 私の場合は、運転中にモニタを見る事が無いので助手席寄りで運転の視野の妨げにならない位置としました。
 ドライブレコーダー本体は上に引き抜く構造となっていること、各配線のコネクターが抜き差しできること、助手席側からモニタが見れて設定等ができることなども考慮し設置しました。(実際に車を動かして駄目でも粘着シートが別に2枚付属しているので安心です。)
C550_02.jpg
 カメラの上下角は可動式のためボンネットが下部に映る程度に調整しました。

 実際に、買い物に行った映像をパソコンでみましたが、めちゃくちゃ綺麗です!信号機もちゃんと映っています。リアカメラの画質は落ちるものの状況確認は十分使えそうです。

 交通事故は起こしたくない遭いたくないものですが、いざと言う時の判断の助けになればとドライブレコーダーを搭載しています。
posted by 友墨 一朗 at 16:23 | Comment(0) | 車のメンテナンス

2017年03月14日

タイヤ交換完了!

 レガシィB4とモコのタイヤをスタッドレスからノーマルに交換しました。
 作業効率を上げるため油圧ジャッキーを使っているのですが・・・毎回、ジャッキーポイント何処だっけ状態です。
 エルグランドの時は、そんな事が無かったのに・・・で、過去の記録を見て、そうそうココだと作業を始めました。
tiya_koukan1703.jpg
 今日は、暖かく丁度良かった。
 作業時間は約1時間30分+タイヤの清掃に約1時間でした。

 本当は早くドライブレコーダーを取り付けたい!
posted by 友墨 一朗 at 16:18 | Comment(0) | 車のメンテナンス

2017年03月13日

APEMAN ドライブレコーダー C550動作確認と設定

 Amazonで購入したAPEMAN ドライブレコーダー C550+C550 専用GPSアンテナGR20の机上動作確認と事前設定を行いました。


 車に取り付けてから動作が?では、修理に出すのに取り外す手間がかかるので動作確認をします。

 最初に手持ちのマイクロSDカード(32GB)を挿入します。
 メーカー仕様は、4GB〜32GBTFカード(Class10以上)と有ります。
 側面のゴムカバーを外し、向きに注意し挿入しました。(向きはゴムカバーに刻印有り)
C550_SD01.jpg

 電源は手持ちのUSB電源を使用しました。
C550_TEST01.jpg
 リアカメラ、GPSアンテナを接続した後、電源をつなぎました。
 電源を接続すると自動で起動します。

 カメラには保護フィルムが付いていますが、一旦これを外して本体モニタで画像を確認しました。
 良好に映っています・・・あれ?リアカメラの画像が鏡像になっています?左右反転されています。
 バックカメラではないのでパソコン等で画像を見た時、正像の方が・・・メールでカスタマに確認したところ「リアカメラの仕様は鏡像となっている。」旨の回答がありました。(回答が速いのでビックリしました)
 本体モニタで座席に座って見るには鏡像の方がいいのかなぁ〜?(正像鏡像切替用のジャンパーも無いのでこれで良しとしました。)

<初期設定>
 User Manualを頼りに初期設定しましたが、私には一部判りにくい部分がありましたので掲載します。(良く読めば問題ないと思います。)
C550_SET01.jpg
 先ず、設定メニューを表示させるには自動で始まっている録画を止める必要があります。
 操作方法
順序設定キーボタン
1番録画を止める REC
2番設定メニュー選択
 録画メニュー:Mを1回
 システムメニュー:Mを2回
3番項目の選択 MICまたはREC(MICは上方向に移動、RECは下方向に移動
4番項目の決定 △
5番機能等の選択 MICまたはREC(MICは上方向に移動、RECは下方向に移動
6番確定(保存) △
7番終了 M

 私が設定した内容
設定メニュー項目変更内容目的
録画GPSON GPSが機能するようにする
システムLanguage日本語 モニタ表示を日本語表記にする
システムフォーマット確認 マイクロSDカードを初期化する
システムTime ZoneGMT+9 時間表示を日本時間にする
システム明滅の頻度60Hz 信号機の表示が点滅しないようにする
システムScreen Saver1分 起動後の画面表示を1分後に消えるようにする
システム電子音OFF 起動時の音が鳴らないようにする
 表示していない項目は変更しませんでした。
 タイムゾーン初期設定はGMT+8でした。
 明滅の頻度の漢字が少し違う様な・・・他にも?な表示がありましたが、Manualを見れば理解できました。

 これで動作に問題はなさそうなので、近日中に車に搭載します。
posted by 友墨 一朗 at 09:44 | Comment(0) | 車のメンテナンス