2015年12月02日

個人番号カード申請をしました。

 市役所の広報によると「住民基本台帳カード、電子証明書」の発行は年内に終了しマイナンバー制度に移行するとありました。
 確定申告等を電子申請で行う予定ですので、不安ながら個人番号カードを申請しました。
 申請は、インターネットで行いましたが10分程で完了しました。
 「個人番号カード申請用WEBサイト

 申請するに不安だった顔写真のピクセルサイズですが、要件を満たしていたのでそのままアップロードしました。
 <申請用顔写真電子データ要件>
 6ヶ月以内に撮影した写真(正面、無帽、無背景)
 明るく鮮明な写真
 ファイル形式:jpeg
 ファイルサイズ:20KB〜7MB
 ピクセルサイズ:幅480〜6000ピクセル、高さ480〜6000ピクセル

 写真の電子データとしては、このピクセルサイズ重要ですが申請途中まで確認できず不安でした。
 個人番号カード総合サイトの顔写真のチェックポイントにもこのサイズ表示がないのは???ちょっと不親切だと思いました。

 「【個人番号カード】申請受付完了のお知らせ」メールを受取り完了しました。

 早くて1月末ぐらいに貰えるのかなぁ?
 
posted by 友墨 一朗 at 13:56 | Comment(0) | 退職後の税金

2015年06月02日

市民税・県民税納税通知書が送られて来ました!

 市民税・県民税は、前年の所得額に応じ計算された額を、6月〜翌年5月までに納税します。
 従いまして、退職して収入のない私も現役時代と同等の金額を収めることになります。

 私の納税金額は、395,100円でした。一括で支払う予定です。

 先に、退職金から4月、5月分を引かれている書込みをしましたが、その時の金額が、62,000円ですから退職してから支払う市民税・県民税は、約457,000円です。結構な負担になります。(元々退職金の所得で引かれる金額約110,000円は含んでいません。)
 
 わたしのHP「定年後のお金皮算用」では、この辺のことを掲載していないので、加筆したいと思っています。
posted by 友墨 一朗 at 17:17 | Comment(0) | 退職後の税金

2014年06月17日

市民税・県民税 特別徴収税額の決定

 平成26年度に給与から引き去られる地方税の通知を受け取りました。
 総額452,600円です。
 地方税は後納(1年後に支払う)のため退職後にほぼ同額の徴収があります。
 給与の1か月分以上の額です・・・
 年金が貰えるまでは、退職金と貯金の切り崩しで生活する私たちには大きな金額です。
 頑張って貯金します!
posted by 友墨 一朗 at 20:27 | Comment(0) | 退職後の税金