2017年04月06日

固定資産税の通知が来ました。

 昨日、市役所から固定資産税納税通知書が送られて来ました。
 家を建てた時は、毎年こんな高額な金額を払い続けるのかと思いましたが、年月が過ぎ去りマイホームの資産価値が・・・随分安くなったものです。(とは言いながら年金生活者には高額ですが・・・)
 
 先ほどウォーキングの途中、コンビニ寄り一括納税して来ました。
 
 私の母は、面倒だからと口座引き落としにしています。
posted by 友墨 一朗 at 11:02 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2017年01月30日

e-Taxで確定申告 2回目

 先ほどe-Tax利用による確定申告を行いました。
 退職してから2回目の確定申告です。
 予め受け取っていた国民健康保険料、国民年金(妻)の納付額通知を手元に置いて作業しました。1時間弱の作業時間でした。
 昨年は年金収入しか有りませんでしたが、所得税額3,700円とありました。
 全額還付となります。
 金額的には僅かですが時給3,700円のバイトと思えば高額です。(笑)

 e-Taxによる確定申告は昨年と同様でしたので、下記をご参照下さい。
 e-Tax利用で確定申告完了! [2016/02/18 16:19]
 税務署からのお知らせ [2016/03/01 14:08]
 e-Taxの確定申告 修正申請 [2016/03/06 16:06]
 e-Taxの確定申告 修正申請 その2 [2016/03/24 15:31]
posted by 友墨 一朗 at 15:30 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2016年06月03日

市民税・県民税納税通知書が送られて来ました!

 市役所から「市民税・県民税納税通知書」が送られて来ました?
 市民税・県民税は前年の収入に課税される税金です。先に掲載しましたとおり所得税は、確定申告で納税分の全額が還付されています。当然、市民税・県民税も0円で納税通知は来ないと勝手に思っていました。

 中身を見て納得です。
 均等割り分だけが課税されています。合せて6,000円の納税です。
 年金収入だけなら、均等割り額課税判定は、負担なしになるのですが・・・今回の所得は、現役時代の給与所得のため、均等割り額課税判定すると、負担有りとなり均等割り分だけが課税されることとなりました。
 今年は、年金収入しか有りませんので・・・来年は、通知無の筈・・・・・。
posted by 友墨 一朗 at 16:28 | 退職後のお金 税金

2016年03月24日

e-Taxの確定申告 修正申請 その2

 先に、退職金を合せて確定申告をせずにいたのをY様にご指摘頂き、e-Taxで修正申告をした情報を掲載しました。これが、3月6日の話だったのですが、一向に税務署からメールが来ません・・・前回は1週間ほどで、メッセージボックスを見てねと言う内容のメールが来たのですが・・・流石に締切近くで混雑していて処理が遅れているんだろうなと思っていました。(そもそも間違えて修正する方がお手間を掛け悪いのですが・・・)

 修正申告したので何か問題でもあったのではないかと心配していたところ、本日、税務署から郵便で「国税還付金振込通知書が送られて来ました!
 既に受領している還付金を差し引いた金額44,209円が振り込まれますとの事でした。
 安心しました。

 あれ?メッセージボックスに処理状況が掲載されているのかとログインして確認しましたが有りませんでした。修正申告の場合は、そのようなメール等の通知が無いんですね?ちょっと不親切な気もしますが・・・間違えたのは私ですし、仕方ない気もします。
posted by 友墨 一朗 at 15:31 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2016年03月06日

e-Taxの確定申告 修正申請

 先に、e-Taxを利用して確定申告を行い既に還付金の振込みも受けた話を掲載しましたが、誤った認識の元、申請していた事が判りました。

 それは、一通のメールを頂いたことから始まりました。
 Yさんのメールです。私と同じく昨年退職され初めての確定申告をした話が書かれていたのですが、最後に「退職所得(退職金)を含めて確定申告したところ3万円ほど多くの所得税の還付をうけましたよ。」と有りました。

 私の頭の中では、退職金は分離課税で処理されており確定申告の必要はないと整理されていました。
 国税庁のホームページに「退職所得は、原則として他の所得と分離して所得税額を計算します。
なお、退職手当等の支払の際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出している人については、退職手当等の支払者が所得税額を計算し、その退職手当等の支払の際、正規の所得税の額が源泉徴収されるため、原則として確定申告は必要ありません。」と有ります。これで、退職金の税金は還付されないと思っていました。

 Yさんの情報を基に調べると、何と含めて申告し還付を受け取ることが出来る事が判りました。

 早速、e-Taxから修正申請をしました。修正申請は、前回のデータを修正し送信すればよい旨の記載もあったので、前回のデータを読み込み、退職所得の欄に必要事項を記載すると、前回の金額より約4万円も多い還付が受けれる様です。送信しました。

 既に、前回の確定申告で還付金を受取っていますので、どの様に処理されるのか不安は有りますが、税務署からの連絡を待つことにします。

 Yさん本当に貴重な情報を有難うございました。
posted by 友墨 一朗 at 16:06 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2016年03月01日

税務署からのお知らせ

 「e-Taxをご利用いただきありがとうございます。
 ご提出された還付申告の処理状況について、ご連絡します。
 詳細については、還付金処理状況をご確認ください。」

 2回目の案内がありました。
 前回の内容は、還付金の振込み銀行の確認の様なものでした。
 
 今回も案内に従いログインして内容を確認したところ、
 「還付金の支払手続を下記の日程にて行います。」
 申請した銀行口座に
 還付予定金額:39,190円
 支払手続日:平成28年3月2日 を振り込みますよと云う内容でした。

 e-Taxで提出した以外の追加書類もなく、あっけなく平成27年の確定申告が終わりました。
posted by 友墨 一朗 at 14:08 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2016年02月18日

e-Tax利用で確定申告完了!

 先ほど、初めてe-Taxを利用して平成27年の確定申告を行いました。
 我が家の平成27年収入は、3月までの給与所得のみで、源泉徴収書によると約160万円でした。申告前の所得税は、約4万円でしたが、申告した結果は、全額還付されると言う結果でした。

 私の場合、e-Taxで確定申告すると書類の郵送が必要なく過去に税務署に確定申告しに行った時とは大違いで楽ちんでした。

<e-Taxによる確定申告に必要だった物>
○ 個人番号カード
○ ICカードリーダー
○ 平成27年分源泉徴収書
○ 各種控除を受けるための書類(妻の年金、生命保険、健康保険などの控除証明)
DSCF4306b.jpg
○ 還付を受取る銀行の通帳

<e-Tax事前準備>
○ ICカードリーダーのセットアップ(説明書に従い実施)
○ パソコンのブラウザの準備
  作成コーナーからe-Taxに直接送信する場合は、Internet Explorer11でないとダメと書かれていた。
  電子署名を付与するための署名送信モジュール(ActiveX)を使用可能とする設定及びポップアップブロックを解除する設定が必要か確認する。
○ パソコンに事前セットアップ(画面右真中あたり「平成27年分事前準備セットアップ」と言うボタン)と言うソフトインストールした。

 所要時間:約30分

<e-Taxへの初期登録>
 e-Tax確定申告書作成コーナー
 はじめての利用なので初期登録を画面指示に従い入力した。
 利用するための暗証番号等の登録があった。
 所要時間:約10分

<e-Tax確定申告>
 画面と用意した書類等に基づき、入力を行った。辻褄が合わないとポップアップで注意喚起等があり修正しながら作業を進めた。妻の国民年金支払いによる控除額をどこに入力して良いのか迷ったが社会保険の項目に該当の選択肢があったので入力した。
 最後に確認を行い「送信」しデータを保存して完了しました。
 所要時間:約40分

感想:本当に簡単でした。会社勤めの時に作成していた年末調整の方が添付書類が要ったり大変だった様な気がします。今回は、平成27年に納めた所得税が全額還付されるようです。この申告は、住民税にも反映されるので、するとしないでは大違いの結果になります。
posted by 友墨 一朗 at 16:19 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2016年02月10日

マイナンバー 個人番号カード交付案内

 個人番号カードの交付案内が市役所から来ました。

 予約をして取りに来るようにと記載がありましたので、早速、電話し予約しました。

 カードの受取期間は、4月15日(金)までとなっています。

<必要書類>
○ 個人番号カードの交付について(ご案内)・・・今回のもの
○ 個人カード交付・電子証明書発行通知書・・・今回のもの
○ 通知カード・・・最初に送られて来たもの
○ 住民基本台帳カード・・・持っている人
○ 本人確認書類・・・運転免許証など写真つきのもの、健康保険証など写真がないものは別に1つ必要

<個人カード交付・電子証明書発行通知書への記載事項>
○ 本人の住所氏名と押印
○ 署名用電子証明暗証番号(英文字6文字以上16文字以下)
○ 利用者証明用電子証明暗証番号(数字4桁)
○ 住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)
○ 券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)
○ 委任する場合は、別途委任状欄に記載が必要

 以上です。
 心配していましたが、何とか確定申告に間に合いそうです。

 ところで、先ほどまで国税庁の「【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)」にアクセス出来ない状況が続いていました。今は、つながりますね・・・何か攻撃を受けているのか?????
posted by 友墨 一朗 at 14:23 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2015年12月02日

個人番号カード申請をしました。

 市役所の広報によると「住民基本台帳カード、電子証明書」の発行は年内に終了しマイナンバー制度に移行するとありました。
 確定申告等を電子申請で行う予定ですので、不安ながら個人番号カードを申請しました。
 申請は、インターネットで行いましたが10分程で完了しました。
 「個人番号カード申請用WEBサイト

 申請するに不安だった顔写真のピクセルサイズですが、要件を満たしていたのでそのままアップロードしました。
 <申請用顔写真電子データ要件>
 6ヶ月以内に撮影した写真(正面、無帽、無背景)
 明るく鮮明な写真
 ファイル形式:jpeg
 ファイルサイズ:20KB〜7MB
 ピクセルサイズ:幅480〜6000ピクセル、高さ480〜6000ピクセル

 写真の電子データとしては、このピクセルサイズ重要ですが申請途中まで確認できず不安でした。
 個人番号カード総合サイトの顔写真のチェックポイントにもこのサイズ表示がないのは???ちょっと不親切だと思いました。

 「【個人番号カード】申請受付完了のお知らせ」メールを受取り完了しました。

 早くて1月末ぐらいに貰えるのかなぁ?
 
posted by 友墨 一朗 at 13:56 | Comment(0) | 退職後のお金 税金

2015年10月06日

マイナンバーの付与が始まりました!

 いよいよマインナンバー制度が始まり個人個人にマイナンバーが簡易書留で通知されます。
 どんなナンバーが付与されるのか楽しみです。

 私の場合は、定年退職して初めての確定申告を年明けに行う為、通知受領後直ぐに個人番号カードの交付申請を行うこととしています。

 個人番号カードの交付は、1月下旬からと言うアナウンスも有りましたので、遅くても2月末に受領し、確定申告をe-taxで電子申請出来ると思っていました・・・ところが・・・市役所の広報を読むと、ひょっとしたら来年2月の確定申告に間に合わないかもしれない・・・と、言うことが記載されています。
 
 そりょそうだよぉね!国民一人一人に番号を付与し、個人番号カードの交付までするには・・・時間がないよね・・・では納得できない!

 そもそもマインナンバー制度は、「行政の効率化」「国民の利便性の向上」「公平・公正な社会の実現」とアナウンスされています。マインナンバーが交付されているのに、カードが使えず確定申告するのでは、「行政の効率化」は有るのかも知れませんが「国民の利便性の向上」は感じられませんね。随分前からスタートとしているのに準備が悪いような気がしました。

 どうなるか?注視して行きたいと思っています。
posted by 友墨 一朗 at 16:55 | Comment(0) | 退職後のお金 税金