2017年02月25日

ファンヒーターの修理

 修理する1週間程前から寝室で使用していたファンヒーターがタイマーで自動点火しなくなりました。
OVF_SL54_01.jpg
 HITACHI OVF-SL54、購入してから既に14年が経っており寿命の様です・・・こんな面白い物は有りません。駄目元で修理に挑戦しました!
 まず、エラー表示は「C11」、説明書によると「クリーニング」ボタンを押し、約1時間後にブザーが鳴るので、その後、強燃焼で30分運転、駄目ならもう1度、それでも駄目なら修理に出すと言う様な事が書いてありました。
 説明書に従い1回目・・・ダメ、2回目・・・ダメ
 家内曰く、「毎年、使い初めにエラーが出て、やってるわよ〜」
 念のためです・・・。

 点火用の火花はパチパチと飛んでいます。どうやら燃料の噴射が悪い様です。
 燃料用ポンプ部とキャブレター部を点検して見る事にしました。
 分解中
OVF_SL54_21.jpg
 殆ど、バラバラです。元に戻せるようにデジカメで撮影しながら分解しました。
<燃料ポンプ部の確認>
OVF_SL54_12.jpg
 青矢印の方から灯油を吸い上げ、赤矢印の方に送る様になっています。
 赤矢印側を爪楊枝の先で押すと、残っていた灯油が青矢印側に出て来たので詰まりは無さそうです。
 茶色く変色したフィルターのゴミを清掃。

<キャブレター部の確認>
 取り外すのに苦労しましたが、銅管を折らない様に注意しながら何とか外しました。
OVF_SL54_27.jpg
 赤矢印の部分が灯油を霧状にして噴霧する箇所です。
 ナット状になっている部分を外します。
OVF_SL54_28.jpg
 カーボン?がこびり付き真っ黒です・・・真鍮ブラシで擦りましたが・・・取れません。
 千枚通し、ヤスリなどで可能な限り除去しました。
OVF_SL54_29.jpg
 清掃前は、薄らとしか見えなかった先端の穴がはっきり見える様になりました。

<修理結果>
 逆の手順で組立、恐る恐る運転ボタンを押しました。
 おぉ〜ちゃんと一発で、着火しました。エラー表示も有りません。
 念のため、庭で30分程試験運転、さらに一旦運転を切り、再度運転、OKです。

 家内にその旨を告げると、「えぇ!直したの?怖くて使えない・・・」困った。
 私の書斎用ファンヒーターが寝室へ移動、修理したファンヒーターが書斎で試験中です。
 3日経ちましたが、正常運転中です。
 家内からの通告、「いつまでも遊んでいないで、危ないから買い換えてね!」ごもっともです。
タグ:家電修理
posted by 友墨 一朗 at 09:53 | Comment(0) | DIY

2016年11月27日

防犯カメラの不調 再発

 先に、玄関前カメラが二重写しになり映像ケーブルの接続替えにより解消したレポを掲載しましたが、約2か月で再発しました。・・・過去の対応状況

 症状は全く同じ状況です。
 過去に発生した時、メーカーさんからも接触不良が疑われるため再発する様であれば、映像ケーブルのコネクタを抜き差して、原因を特定するよう連絡を頂いていため、装置側の映像コネクタを抜き差ししました。
 症状に改善は見られらませんでしたが、有る事に気付きました。
 玄関前カメラを接続した状態で、他のカメラの映像ケーブルを抜くと玄関前カメラも全く映らなくなります。
 これは、ひょっとして・・・
 装置の電源、カメラ側の電源を切り、映像ケーブルを全て外した状態で、電源アースと映像コネクタの導通をテスタで確認すると・・・玄関前カメラだけ導通がありません。玄関前カメラの映像信号のアースが断線している状況です。
 とは言いながらメーカー製の映像ケーブルの作りはしっかりしており???コネクタ内で切れている様には思われません。
 念のため映像ケーブルにピンを刺しコネクタアースとの導通を確認するとOKでした。(ピンを刺すのは、あまりお勧めしません。屋外配線では防水処理が必要です。)

 これで、疑わしいのは屋外のカメラ側です。
 玄関カメラを取外し、玄関軒先天井裏側に押し込んでいた接続部を引っ張り出し確認したところ・・・映像の接続部が簡単に外れました、BNCコネクタは簡単に外れない構造なのに・・・私の失敗です施工時に確実にロックしていなかった様です。

 再度、全ての接続を戻し確認すると、綺麗に映っています!
 接続部を引っ張ったりしてテンションを掛けましたが問題はありませんでした。

 
posted by 友墨 一朗 at 16:44 | Comment(1) | DIY

2016年11月15日

実家の便座取替

 すっかり足腰が弱り2階に上がれなくなった母は、1階で日々の生活をしています。
 1階のトイレも段差解消のため小柄な母に合わせ床を嵩上げをしています。冬場の寒さ対策として温風機能が付いたTOTO製暖房便座を使っているのですが・・・取り付けてから二十数年・・・昨シーズン末には温風のファンの調子が悪くなり温風使用禁止としていました。
 こんな便座です。
toire_01.jpg
 本格的に寒くなる前に便座を交換しました。
 本当は、便器ごと交換したかったのですが、やるならトイレのフルリフォーム・・・日数を要するため母のトイレを考えると出来ませんでした。

 新しい便座としては、温水ウォシュレット機能、便座自動開閉機能、脱臭機能が有る物を選びました。
 旧製品ですが即納できることと価格が安価と言うことでパナソニック製CH813S PF パステルアイボリーを購入しました。税込で27,540円でした。
 
 設置説明書等を読んだ結果2時間もあれば交換可能と判断し、昨日、妻に連れられてリハビリに行っている間に作業を行いましたが・・・大変な目に合いました。
toire_02.jpg
 この状態です。設置から二十数年、便座を止めていたボルトナットが錆びて外れません。CRCでも駄目・・・遂にはナットの角がボロボロと取れ空回り・・・何ともなりませんので、古い便座の上を破壊して、この状態までしました。まだ、ボルト・ナットは便器に付いてままです。
 母が帰宅、帰宅前にトイレに行って来てくれたので、まだ、大丈夫とのこと。
 便器に傷を付けないように養生し金ノコで切断して撤去しました。
 時間的に余裕がなく写真を取り忘れたのですが、施工説明書のとおり設置し試験運転を行いました。
toire_03.jpg
 便座の温度調整は、低温やけど防止のため「低」としました。
 ウォシュレットを使ったことのない母に、操作説明をしましたが理解したかは?
 併せて壁掛け式のセンサー式温風機を設置しました。
posted by 友墨 一朗 at 09:31 | Comment(0) | DIY