2023年01月31日

Windows11 22H2に非対応パソコンのアップグレード

 令和4年9月に「Windows11に非対応パソコンのアップグレード」でWindows11 21H2にアップグレードした自作パソコンですが、Windows 11でAndroidアプリを使って見たくなり試験用に対応出来るように22H2にアップグレードした記録です。
 
 簡単でした。
 ISOイメージのダウンロードに約20分、インストールに約15分程で完了しました。
 やり方は前回とほぼ同じです。
 違う箇所は、sourcesフォルダ内のappraiserres.dllを空ファイルに置き換える事です。
 テキストエディターで空のppraiserres.dllファイルを作成し上書きで完了です。

Windows11に非対応パソコン22H2にアップグレード

 後は、setup.exeをクリックして前回と同じ作業を行えば完了しました。

スポンサーリンク

 22H2にアップグレードされています。

Windows11に非対応パソコン22H2にアップグレード

 このバージョンからネット回線の接続、Microsoftアカウントへのサインインが必須となっています。
 ローカルアカウントでインストールする場合は、もうひと手間要るようです。
 
 一週間ほど経過しましたが問題なく使えています。

<追記20230202>
 本来の目的、Windows 11でAndroidアプリを使って見たところ・・・ブルー画面、再起動を繰り返し・・・インストールしたアプリをアンイストールしても駄目、仕方が無いので21H2に戻しました。
 どうするか検討中です。
posted by 友墨 一朗 at 09:25 | Comment(0) | パソコンの話 OS・ソフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。