2019年01月03日

平成30年収支結果

 あけましておめでとうございます。
 今年の正月も、大阪で仕事をしている長女、結婚した二女夫婦と孫が集まり賑やかな正月となりました。
 孫の世話は、私達夫婦が・・・子供達は、任天堂スイッチ大乱闘スマッシュブラザーズ、トランプゲームで盛り上がっております。
 例年、年の初めに前年の収支を纏め、これからの資金計画を変更しています。
 
 平成30年における収支結果は次の様になりました。

スポンサーリンク

平成30年収支結果表

<収入>
 厚生年金+財形年金+その他で約2,419千円ほどでした。
 計画より約205千円のプラスでした。
 年金以外の収入として、頼まれ仕事の報酬などがありました。
<支出>
 約3,457千円の支出が有りました。
 計画より532千円程支出が減りました。
 健康保険料は、計画時に「保険料の軽減(所得が少ない)」を考慮していませんので負担が減っています。
 住宅維持費は、畳の表替え、DIYによる窓の二重化、壁紙の貼替えなど計画していなかったため負担増となりました。
 母が入院し手術となり、秋に計画していいた宿泊の伴う旅行が出来ませんでした。
 大型家電の買い替えが無く物品費は余りました。
 生活費、光熱費、通信費は節約の効果が出ているようです。
<纏め>
 収支結果は、約1,037千円の赤字となりました。この分は、貯蓄の切り崩しで補填しています。
 年当初の計画と比べると、収支は約737万円の黒字となりました。
<今後の資金計画>
 昨年と同様の金額で計画することとしました。
 その他の収入は、不安定要素が高いため計上しないことにしました。
 妻の年金支払いは2年分一括支払いの為、今年の支払いは有りません。
 住宅維持に玄関ドアの交換費用などを計上しました。
 車検、パソコン更新費用などを若干上乗せしました。
 年金収入だけでは足りませんので、貯蓄から約220万円を当てます。
 
 定年退職して4回目の正月を迎え、老後のお金を見直しました。
 今年の11月に65歳となり年金を満額受給となります。
 まだまだ大丈夫の様です。
posted by 友墨 一朗 at 16:45 | Comment(0) | 退職後のお金 収支
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: