2018年03月10日

テレビの同軸ケーブル配線

 リビングの隣に和室があるのですが・・・現在は、妻のテレビ鑑賞室となっています。
 家事に介護にと忙しい妻は、ダブ録のデッキを2台、フル活用して大好きなテレビドラマを録画しては、余裕のある時間に楽しんでいます。
 
 ところが、最近、BSが録画出来ていないと言う現象が起こりました。
 直ちに修理するよう御下命があったのですが、私が見ると問題なく映っています???
 録画できていないと言う番組の録画を見ると・・・受信レベルの問題でした。念の為、テレビの受信レベルを確認すると、BSはグリーンとイエローの丁度境目あたり・・・これでは、ちょっと雨が降るとダメになる可能性大なので対応することにしました。

スポンサーリンク

 元々和室にはテレビ視聴用のアンテナ端子がありません。
 和室でテレビを観たいと言う妻の要望で、取り敢えず一番簡単なリビングのテレビから同軸ケーブルを畳の下に配線し分岐接続していました。
 これが駄目でした。こんな状態です。
同軸ケーブル配線
 外皮が擦れて、大変な事になっていました。網線とアルミ泊は、ボロボロです。
 
 リビングのテレビ端子裏で、2分配器で分配して床下を同軸ケーブル配線をして和室の壁面に新たにテレビ端子を付けることにしました。
 実は、畳下の配線に不安があったので、床下の防湿作業をした時に同軸ケーブルを床下に壁面下まで配線していました。(不安だったらサッサと直して置けと言うこと・・・)
 リビングの既設テレビ端子等を外し、2分配器で分配、床下配線の同軸ケールを接続します。
同軸ケーブル配線
 床下配線の同軸ケーブルを見つけるのに、USB接続エンドスコープ (内視鏡)が役立ちました!
 手探りじゃなく、見ながらなので一発で引き込めました。
 
 今まで使っていた分配器を外し、新たに壁内に2分配器を設置します。
 壁内に入れる前に、受信レベル確認をしています。
同軸ケーブル配線
 受信レベルは問題ありませんでした。
 この後、分配器は防水テープで処理を行い壁内に収めました。
 
 和室は、既設のLAN端子のボックスに付けました。
同軸ケーブル配線
 この状態で、和室テレビに接続し、受信レベルを確認しました。
 良好です!グリーンの上の方になりました。
posted by 友墨 一朗 at 17:07 | Comment(0) | DIY 家電・電気器具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: