2017年03月13日

APEMAN ドライブレコーダー C550動作確認と設定

 Amazonで購入したAPEMAN ドライブレコーダー C550+C550 専用GPSアンテナGR20の机上動作確認と事前設定を行いました。


 車に取り付けてから動作が?では、修理に出すのに取り外す手間がかかるので動作確認をします。

 最初に手持ちのマイクロSDカード(32GB)を挿入します。
 メーカー仕様は、4GB〜32GBTFカード(Class10以上)と有ります。
 側面のゴムカバーを外し、向きに注意し挿入しました。(向きはゴムカバーに刻印有り)
C550_SD01.jpg

 電源は手持ちのUSB電源を使用しました。
C550_TEST01.jpg
 リアカメラ、GPSアンテナを接続した後、電源をつなぎました。
 電源を接続すると自動で起動します。

 カメラには保護フィルムが付いていますが、一旦これを外して本体モニタで画像を確認しました。
 良好に映っています・・・あれ?リアカメラの画像が鏡像になっています?左右反転されています。
 バックカメラではないのでパソコン等で画像を見た時、正像の方が・・・メールでカスタマに確認したところ「リアカメラの仕様は鏡像となっている。」旨の回答がありました。(回答が速いのでビックリしました)
 本体モニタで座席に座って見るには鏡像の方がいいのかなぁ〜?(正像鏡像切替用のジャンパーも無いのでこれで良しとしました。)

<初期設定>
 User Manualを頼りに初期設定しましたが、私には一部判りにくい部分がありましたので掲載します。(良く読めば問題ないと思います。)
C550_SET01.jpg
 先ず、設定メニューを表示させるには自動で始まっている録画を止める必要があります。
 操作方法
順序設定キーボタン
1番録画を止める REC
2番設定メニュー選択
 録画メニュー:Mを1回
 システムメニュー:Mを2回
3番項目の選択 MICまたはREC(MICは上方向に移動、RECは下方向に移動
4番項目の決定 △
5番機能等の選択 MICまたはREC(MICは上方向に移動、RECは下方向に移動
6番確定(保存) △
7番終了 M

 私が設定した内容
設定メニュー項目変更内容目的
録画GPSON GPSが機能するようにする
システムLanguage日本語 モニタ表示を日本語表記にする
システムフォーマット確認 マイクロSDカードを初期化する
システムTime ZoneGMT+9 時間表示を日本時間にする
システム明滅の頻度60Hz 信号機の表示が点滅しないようにする
システムScreen Saver1分 起動後の画面表示を1分後に消えるようにする
システム電子音OFF 起動時の音が鳴らないようにする
 表示していない項目は変更しませんでした。
 タイムゾーン初期設定はGMT+8でした。
 明滅の頻度の漢字が少し違う様な・・・他にも?な表示がありましたが、Manualを見れば理解できました。

 これで動作に問題はなさそうなので、近日中に車に搭載します。
posted by 友墨 一朗 at 09:44 | Comment(0) | 車のメンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: