2016年03月06日

e-Taxの確定申告 修正申請

 先に、e-Taxを利用して確定申告を行い既に還付金の振込みも受けた話を掲載しましたが、誤った認識の元、申請していた事が判りました。

 それは、一通のメールを頂いたことから始まりました。

 Yさんのメールです。私と同じく昨年退職され初めての確定申告をした話が書かれていたのですが、最後に「退職所得(退職金)を含めて確定申告したところ3万円ほど多くの所得税の還付をうけましたよ。」と有りました。

 私の頭の中では、退職金は分離課税で処理されており確定申告の必要はないと整理されていました。

 国税庁のホームページに「退職所得は、原則として他の所得と分離して所得税額を計算します。なお、退職手当等の支払の際に「退職所得の受給に関する申告書」を提出している人については、退職手当等の支払者が所得税額を計算し、その退職手当等の支払の際、正規の所得税の額が源泉徴収されるため、原則として確定申告は必要ありません。」と有ります。
 これで、退職金の税金は還付されないと思っていました。

 Yさんの情報を基に調べると、何と含めて申告し還付を受け取ることが出来る事が判りました。

 退職金以外の所得に対し、納め過ぎた税金の還付を受けるために確定申告をするのですが、還付計算した結果が納めた税金額より多い場合に退職金で納めた税金からも還付を受けることが出来るのです!

 早速、e-Taxから修正申請をしました。修正申請は、前回のデータを修正し送信すればよい旨の記載もあったので、前回のデータを読み込み、退職所得の欄に必要事項を記載すると、前回の金額より約4万円も多い還付が受けれる様です。送信しました。

 既に、前回の確定申告で還付金を受取っていますので、どの様に処理されるのか不安は有りますが、税務署からの連絡を待つことにします。

 Yさん本当に貴重な情報を有難うございました。

 追記:追加還付を受けました!e-Taxの確定申告 修正申請 その2
posted by 友墨 一朗 at 16:06 | Comment(0) | 退職後のお金 税金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: